ひらめき2014年1月より、更新は新しいビクトリーのブログで。
http://www.victory-blog.net/もよろしくお願いいたします。

2014年12月---ドメインの不具合で一時見えなくなっていました。(汗;)

2012年01月04日

第88回箱根駅伝は東洋大が2年ぶり3回目の総合優勝、10時間51分36秒

今年もたくさんのドラマがあった88回箱根駅伝。
高知出身の3人の選手もタスキをつなげました。



続きを読む





第88回 箱根駅伝

毎年、すばらしい戦い、
箱根まで、東海道53次の道を、シナリオの無いドラマが繰り広げられます。
早稲田の2連覇か出雲を制した東洋大か。


1月2日 往路

1区 21.4km。
去年区間賞をとった早稲田の大迫傑を先頭に、皆まとまって皇居の前をとおります。
大迫は、長野・佐久長聖高校。この高校の選手は多いです。

7kmで早稲田の大迫傑、日大の服部翔大が前に出ます。
服部くんはお父さんが肺がんで亡くなったようです。
大迫が前に。駒澤の撹上宏光、福島出身が3番手に。


早稲田が1区トップのタスキを渡し、
そしてレースは花の2区へ。


東洋大はこの時4番目でタスキを。
上武大氏原健介は7番目。
氏原くんは、高知県・宿毛工業、四万十市の出身です。
がんばってほしい。
東洋大、日大、駒澤が2位争い。
東洋大は双子の兄、設楽啓太。
去年2011年には、11年ぶり双子リレー、兄から弟にタスキが渡りました。

花の2区には、東海大の村沢明伸が走ります。
去年の17人抜きはすごかったですから、今年はどうなるのでしょう。
そして、青学は出岐雄大。この選手もすばらしいです。
早稲田、平賀翔太は去年もこの2区を走りました。
一人飛びぬけて走りぬける。

東海大・村澤と青学・出岐が後ろからじわじわと迫ってきている。
2区の最後まで、どうなるかはわからない。
レースは権太坂を通過してゆく
上武大、氏原くんも頑張って走る。

17kmくらいで、早稲田・平賀が横腹をおさえだす。何回も、大丈夫かな。
そして、早稲田の後方には東洋大、設楽啓太が見えてきた。
出雲では、自分の力でチームが優勝できなかった悔しさがある。
19kmで早稲田・平賀をとらえた。
駒澤を気にして後ろをふり帰る設楽啓太。

19.62km 設楽啓太が前へ出る。 
そして、給水、酒井監督が声をかける「前を向いてゆけ」



http://youtu.be/p1Q54PpejfY



青学が後ろにじわじわと近付いている
青学は、最高順位は昭和43年の7位。それを上回ることができるのか。
残り1kmで東海大・村澤のスピードがおちてゆく。


4位で受けたタスキ、設楽啓太は1時間8分4秒で、トップで戸塚中継所へ。
そして早稲田・平賀が入る。
青学、出岐雄大は、9人抜き。 1時間7分26秒で3位でタスキを。 
東海大・村澤は7位。倒れこんで歩けない。



3区は順エース区間。
山梨と拓大の、留学生2人もいる。

東洋大は山本憲二。早稲田は矢沢曜。同じ4年生。

5kmで早稲田・矢沢が先行へ。
遊行寺坂、40mの下り坂へ。

5km追いつかれてからが勝負、と東洋大の酒井監督

6km、並んで走る早稲田と東洋大。
ともに最後の箱根駅伝です。
レースは湘南海岸へ。東洋大は山本憲二が前に出る。
ほとんど風の無いおだやかな湘南海岸沿い。茅ヶ崎から平塚へ。

思いを残す駅伝だけはしたくない。
柏原に頼るレースはしたくない。そう思いながら走る東洋大、山本憲二。



湘南海岸公園 / akira yamada




タスキは4区の1年生、田口雅也へタスキを渡す東洋大。


平塚中継所、そのままトップでタスキは柏原竜二へ。
東洋大初の5区トップのタスキです。
トップのまま入ってくる田口雅也に、
柏原は「泣きそうになった」と後で話しました。
皆の力で、トップのまま、箱根最後の柏原竜二へ。


5区には、東農大の津野浩大も走ります。
津野君は、高知農業。高知県出身です。
12.9kmになり、津野くんの走りが落ちてきました。
ただ一人遅れて走る東農大、津野。
最後の選手が走りぬけるまで、沿道のファンは旗を振り、
誰ひとり帰りません。これが箱根駅伝。

5区の箱根の山は、今年雪は積もっていない。
元箱根を登る柏原くん、
津野くんへの沿道の声援は変わらない。
右のわき腹を抑えながら走る津野くん。
まもるは母校のタスキ。芦ノ湖へと走ります。


48年ぶりの往路優勝へ持って行きたい東洋大・柏原竜二。



http://youtu.be/ip55P8YtLl4


5区は、国学院、寺田夏生も走っています、
寺田くんは去年コース間違え、セーフになった選手。
早稲田の1年、山本くんは2位で往路ゴール。

皆がゴールし、まだ走る東農大・津野。
19.86km、箱根は雪が降って来ました。
最後の20位。そして、放送時間もあとわずか、
提供のエンドロールが流れるなか、最後まで走りぬいた津野くん。
タスキは途切れることなく、放送時間後に無事、ゴールしました。


第88回(2012年)箱根駅伝 往路5区 ダイジェスト


往路優勝の東洋大のあいさつの中で、
最後の箱根を走った、柏原くんに、
レースはつらかったですか?という質問に、
「僕が苦しむのはたったの一時間。福島の人たちの苦しみには比べ物になりません」
と答えました。



http://youtu.be/FzMi-SODR_A


1月2日 復路


6区

3年連続山下りの、東洋大・市川孝徳が走ります。
東洋大・市川くんは、高知工業、高知県出身です。
今まで2回の区間記録を持っていて、今日で3回目になりました。
5分7秒差で、早稲田・西城裕尭がスタート。
14秒後に、明治大学・広瀬大貴。
明治大学には、アンカーの鎧坂哲哉が控えています。


7区 平塚中継所
飛脚の絵がかかれています 東海道53次の道
平成の今、箱根駅伝のランナーが、江戸へ向かってタスキをつなぎます。

こちらはマンホールのふたにも烏帽子岩がかかれています。

東洋大・市川孝徳から、トップでたすきを受け取ったのは双子の弟、設楽悠太。
市川君は過去最高のタイムでかけおりてきました。
高知工業、スゴイです!よく頑張りました。

7番目に東京農大。昨日津野君ががんばりぬいたタスキは繋がっていきます。
7区3.8kmのところで、また早稲田・佐々木寛文が2位に入ってくる。

東洋大のたすきは、設楽くんから、1時間2分32秒、区間新で大津顕杜へ。

8区
トップは東洋大。大津顕杜から田中貴章へ。
東京農大も、竹内竜真から木村翔太へ。
東京農大は6番目に入ったけど、昨日45分遅れているので、
実際の6番ではありません。



9区 3校が繰り上げスタートとなる。
東海大 日体大 上武大 母校のタスキはつながりませんでした。
途中棄権以外での、この戸塚中継所での繰り上げスタートは8年ぶり。
日体大は史上初の繰り上げスタートとなりました。
真っ白のタスキが途切れます。
走ってくる選手を待たず、無情にも、
繰り上げスタートのピストルは鳴りました。
泣き崩れる選手たち。暖かい拍手を送る沿道の人々。


18kmの地点で、東洋大・田中貴章の様子がおかしくなる。
わき腹を抑えたりたたいたり。
早稲田、駒澤の2位争いに変化あり。16kmで駒澤・窪田忍が仕掛けて前へ。
鶴見中継所、トップでタスキを渡したのは東洋大。田中貴章から斉藤貴志へ。


10区
明治には鎧坂哲哉が待っていました。
オリンピックに行く、箱根駅伝は通過点という鎧坂くん。

神奈川・鈴木駿、ゴール手前の最後の直線で、
タスキを持った手がゆれ始めた。
片手にまかないからどうしたの?と思ったら、2回転倒。
アナウンサーの声は裏返って絶叫に変わる。
タスキは繰り上げスタートまで3秒、2秒。
お互いが必死で手を伸ばし、そして、アンカー高橋俊光へつながったあと、
ピストルが鳴った。

上武大学、東海大学、学連選抜、日体大が繰り上げスタートとなった。


東洋大が2年ぶり3回目の総合優勝、10時間51分36秒。
レースはまだまだ、最後まで選手はがんばります。
あとゴール1kmの地点で、
順天堂、中大、青山学院がデットヒートを繰り広げます。
中大の 塩谷潤一が、最後の力をふりしぼり、足の痛みをこらえて前へ。
あとを順天堂、青山学院がまた追いつき、追い抜き、
ほんとうに箱根駅伝は、最後の最後までわからない。
これだけ走ってきた選手の、どこにそんな力が残っているんだろう。

雲に隠れていた太陽が見えてきた、金色のビクトリーロードの追手町を、
選手は最後の力を振り絞り走ってゆきました。


第88回 箱根駅伝 結果は、

1位  東洋大学
2位  駒澤大学
3位  明治大学
4位  早稲田大学
5位  青山学院大学
6位  城西大学
7位  順天堂大学
8位  中央大学
9位  山梨学院大学
10位 国学院大学

以上の10校が、来年のシード権を獲得しました。

すべての結果はこちら


東洋大がすばらしい成績で優勝した今年。
「東洋大に勝てる方法は、柏原が卒業することだ」
他の監督がそう言ったと言います。


柏原くんは今年で最後。
来年からは、また新たな戦いとなることでしょう。


箱根駅伝は、大学駅伝の関東チャンピオンを決める伝統の戦いです。
どんなに苦しくても、母校のたすきを必ずゴールまで自分が届ける。
走る選手だけではない。エントリーされた選手も、
エントリーされなかった選手も、皆でゴールを目指します。


今年の箱根駅伝は、繰り上げスタートはありましたが、
でも、全員が、リタイヤすることなく、走りきることができたのは、
とてもよかった、と思います。
2008年の箱根駅伝は、大荒れでしたから。


今年は繰り上げスタートもあり、
選手が入っても、はたして順位は何位なのかわからないことが多かった。
何人かが入ったあとで、先の選手の順位がわかるという、
最後まではらはらする戦いでした。


この箱根駅伝に向かって、1年間練習してきた選手たちは、
また、明日から、次の89回 箱根駅伝に向かっていくのでしょう。
4年間で、最初で最後に走った選手も、
4年間すべて走った選手も、
ほんとうに素晴らしかった。感動をありがとう。




Team Jobs / Alex Cheek






駅伝は、仕事だったり、ドラマだったりと、
同じだと思います。
1人が体調崩し遅くなっても、次の1人が少しでも前にたすきをもってゆく。

仕事も、誰かが失敗しても、また別の誰かが補っていくし、
ドラマも映画も、売れたものは、音楽、特殊効果、美術、
俳優だけではない、すべての力が、その内容にぴったり収まらないと、
売れるものはできません。

駅伝も、仕事も、ドラマを作ることも、
すべて良いチームを、各自が作ろうとすることで、
成功するような気がします。

そして、そのチームをまとめる「監督」の力も大事なんですね。
あなたは、良いチームの中に居ますか?
(2012.1.5 追加しました)



ビクトリーの管理人のひとりごとでした。
モバイルはこちら⇒ビクトリーモバイル


今日も読んでくれてありがとう。




↓◆それでは、本日のgoo検索ランキングです目


↓そうだね、と思ったらクリックお願いします\('ー'*)☆,。・:・゚
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ人気ブログランキング

これをはげみに次ぎもがんばれます。

それから、「ブログ読んだよ」と言われたら喜びます( ̄ー ̄)





本日の訪問者 570人 PV 1483
本日の人気記事ランキング
1.第88回箱根駅伝・東洋大優勝
2.チェックザソリオ!デビュー!
3.縮んだセーターをふんわり戻す方法


posted by haru at 01:12 | 高知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



   2014年1月1日より、新しいブログで更新しています。
      http://www.victory-blog.net/
--------------------------------------------------
こんにちは。数あるサイトのなかから、ビクトリーのブログを見つけてくれてありがとうございます^^
このブログは、カーショップビクトリーの管理人の、個人的なブログで、わたしの、今好きなこと、今感じたことを書いているひとりごとのブログです。
更新は、好きなこと、書きたいことが見つかった時に、気まぐれに書いています。どうぞよろしくお願いします。
ツイッターは@harutan105 よかったらフォローしてやってください。

■好きな映画

シュリ

フォレスト・ガンプ
>>レビュー

ロード・オブ・ザ・リング

ぼくたちと駐在さんの700日戦争
>>ほかにはこんな映画観ました

■好きなドラマ

アンフェア

トライアングル

JIN〜仁〜
>>最終回を観て感想


SPEC
>>レビュー

ごめん愛してる
>>レビュー

THE MYTH 神話
>>レビュー

オンエアー
>>レビュー

ATARU
>>ほかにはこんなドラマ観ました

■好きな曲

>>レビュー
>>ほかにはこんな曲とか 
  

カーショップビクトリーにも遊びにきてね

私にもできた!WordPress(ワードプレス)でかっこいいホームページ

 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。